設定方法 Android 9〜12 : Trojan-GFW

Android 8 より古いバージョンをお使いの方は こちらのページ をご参照ください,

Trojan-GFWについて

Trojan-GFW は,shadowsocksに代わる方式として期待されている壁越えの方式です。Trojan-GFWは厳密にはVPN(仮想専用線)ではなく,Proxy(プロキシ:代理接続)の技術です。ブラウザによるネット閲覧には通常のVPNのように利用可能です。

使える用途
  • ブラウザによるネット閲覧
  • Youtube,FaceBook アプリ等のブラウザでも提供しているネットサービスアプリ
使えない用途
  • ゲーム
  • サーバーのリモートコントロール(エンジニアが扱うSSH,SFTP等)
  • その他,特殊な通信方式を採用するアプリ

※LINEにつきましては,チャットは可能であるものの,画像の送信はできないようです。

 

設定方法

1 アプリのダウンロードとインストール

Google PLAY APPストアから V2ray NG アプリをダンロードします。下記リンクをご利用ください。

⇒ Google PLAY APPストア:V2ray NG アプリ 

※ 中国製スマホの場合,Google APPストアに接続できない場合があります。

VPN無しでも下記からダウンロードできるようにしました。

V2ray NG を かべネコサイトからダウンロード
注意:上記リンクからダウンロードした場合,いわゆる「野良アプリ」としてインストールするために「提供元不明のアプリ」を許可する必要があります。下記ページをご参照願います。

【~Android 12】Android端末にAPKファイルをインストールする方法【野良アプリ】

インストールが完了しますと,Vマークのアイコンが表れます。

タップして,起動します。

2 QRコードを準備する

下記の方法で,ユーザーページにあるQRコードで,Trojan-GFWのサーバーを登録します。

ユーザーページ にログインして下さい,

 

ユーザーページ内,Trojan-GFW 接続情報 にあるQRコード画像,または 青文字リンクをクリックします。

 

サーバー一覧が表れます。いずれかの [QRコードを表示する] をクリックします。

QR画像を長くタップしますと,[画像をダウンロード] のメニューが表れますので,ダウンロードします。


長押しするとダウンロードメニューが表れます。

 

3 アプリにサーバーを登録

 

アプリのメイン画面,右上の [+]  マークをタップすると,下記のメニューが表れます。

その中の [ Import config from QRcode ] を選択します。

 

右上の[山景色]マークをタップします。

 

さきほどダウンロードした QR画像を選択します。なお,ファイルの保存場所,ファイル名はこの図とは事なる場合があります。お使いの機種によって変わります。

読み込みが完了したら,自動的にメイン画面に戻ります。

 

4 サーバーに接続

下図のように灰色のボタンが右下にあります。

この灰色のボタンをタップすると,下図のように緑に変わるとVPN接続完了です。

VPNの使用をやめるときには,もう一度,緑に代わった ✔ マークをタップします。灰色に変化すればVPNが停止しています。

 

5 接続元のIPアドレスの確認

接続した状態で,ブラウザを開いて正常に動作しているかを確認します。

下記リンクをクリックしてください。

地域判定サイト

https://iplocation.com/

このように外国にいながら,JAPAN と判定されていれば Trojan-GFWが機能しています。

 

以上